首のたるみの改善方法

reargegr
首がたるんでしまうとフェイスラインが崩れてしまい、しわの原因にもなってしまいます。自分の写真を見た時や鏡に映るふとした瞬間に気付くとショックですが、お顔の手入れのように日頃から首のケアをしている方は案外少ないのではないでしょうか。そんな首のたるみを改善する方法をご紹介します。

毎日のマッサージで解消

マッサージは、首からデコルテにかけて行うようにします。クリームなどを手に取って、首の左右から真ん中にかけて下から上へやさしくマッサージします。決して力を入れないようにします。毎日、顔に化粧品を付ける時に一緒に行うのを習慣にすると良いでしょう。それから、首の左右のリンパを下へ向かってなでおろします。老廃物を下へ流すイメージで行います。そして、鎖骨の真ん中あたりから左右に向かって流して終わりです。あまり複雑なマッサージですと毎日続けることが難しいので、まずはこういった簡単なマッサージからはじめましょう。すぐに結果を出すことはできませんが、継続すれば首がスッキリしてきたことを実感できるはずです。美容液や美容クリームには、首のたるみに特化した商品もありますので、そういった商品を使ってマッサージを行うと、更に高い効果が期待できます。

簡単なストレッチで解消

首のたるみの原因のひとつに筋肉のたるみがあります。首からアゴにかけての広頚筋(こうけいきん)が衰えてしまうと首のたるみを引き起こしますので、首の筋肉を鍛えることでたるみを解消できます。広頚筋は加齢により弱まってしまう筋肉ですので、日頃から意識して生活するだけでも違ってきます。頭を真上に向けると首がピンと張ると思いますが、その部分を意識しましょう。ストレッチはとても簡単です。

  • まず、首を上に向け天井を見上げるようにします。
  • 広頚筋が張っていることを意識しながら、下あごを上に突き出すようにします。広頚筋が更に刺激されます。
  • その状態を5秒ほど保ちます。それを5回〜10回繰り返します。

場所もとらずいつでも行えるストレッチですので気付いた時に行うと良いでしょう。毎日繰り返すことで効果が出ますので、ぜひ続けてみてください。他、首を左右に傾け、首の筋肉をほぐすのもたるみに効果があります。

生活習慣の改善で解消

首にしわがよる姿勢を続けることで、首のたるみを引き起こします。枕が首に合っていない、高すぎる場合、首のたるみの原因になりますので、自分の首の高さに合わせた枕を使うようにしましょう。普段の生活でも、パソコンやスマートフォンを使う際に猫背になっていたり、うつむく姿勢を続けるのは首のたるみを更にひどくさせてしまいますので、普段の姿勢にも注意が必要です。

ケアを怠りがちな首だからこそたるみが起こりやすい

普段、首のケアを忘れている方は多いようです。顔に日焼け止めを塗るように首にもきちんとUVケアをするよう習慣づけましょう。首も顔と同じように紫外線の刺激を受けていますので、ケアを怠ると数年後にたるみやしわ、シミになって現れてきますので気を付けましょう。首のたるみやシワは、とても老けてみえる原因です。周りの他人からも、とても目につきますので見られている箇所でもあります。普段行う簡単なマッサージやストレッチ、姿勢の改善などで、たるみをなくすことができますので、気になっている方だけでなくまだ気にならない方も、近い将来のために首のケアをはじめることをおすすめします。
目の下 たるみ 改善

新着情報

◆2016/02/27
首のたるみの改善方法の情報を更新しました。
◆2016/02/26
首のたるみに効く成分とはを新規投稿しました。
◆2016/02/25
老けて見える首のたるみ、その原因は?を新規投稿しました。
◆2016/02/24
有酸素運動で首のたるみを改善を新規投稿しました。
◆2016/02/23
小さな積み重ねでたるみを改善しましょうを新規投稿しました。